雑学next.com

雑学を学ぶなら雑学next.com

 元祖「ずきゅーん!ぐぐの前後左右ジェットコースター」の雑学特化型サイトが爆誕!目指せ博識!    

    ホーム

「食欲をそそる色、そそらない色が存在する」雑学

色の心理効果:赤色は食欲を促進させ、青色は減退させる

色は私たちの食欲や食事の体験に影響を与えることが知られています。その中でも、赤色と青色は特に食欲や食事の調整に効果があるとされています。

赤色の効果

赤色は一般的に食欲を促進する色とされています。これは、赤色が情緒的な興奮や刺激を引き起こし、食事をより楽しく魅力的に感じさせる効果があるためです。多くのレストランやファーストフードチェーンでは、赤色を内装やロゴに使用して、顧客の食欲を刺激しています。

青色の効果

一方、青色は食欲を減退させる効果があります。青色は落ち着きやリラックスをもたらす色であり、食欲を抑制する効果があるとされています。そのため、青色の食器や照明を使用することで、過剰な食事摂取を抑える効果が期待されます。

実際の効果

色の心理効果は個人や状況によって異なりますが、多くの研究が赤色と青色の食欲に与える影響を支持しています。これらの色を食事環境に適切に活用することで、食事体験を改善し、健康的な食習慣を促進することが可能です。

結論

色は食欲や食事体験に大きな影響を与えることがあります。赤色は食欲を促進させ、青色は食欲を減退させる効果があります。食事環境や食品パッケージの色彩設計において、これらの心理効果を活用することで、健康的な食習慣を促進することができます。