雑学next.com

雑学を学ぶなら雑学next.com

 元祖「ずきゅーん!ぐぐの前後左右ジェットコースター」の雑学特化型サイトが爆誕!目指せ博識!    

    ホーム

「卵を光に透かすと鮮度が分かる」雑学

卵の内部構造

卵の中には卵黄、卵白、そして気室と呼ばれる空気の部分があります。新鮮な卵では、卵白は濃厚でしっかりしており、卵黄も中央に位置しています。また、気室が非常に小さく、気質は卵の上部に位置してる特徴があります。

光に透かす方法

卵の鮮度を確認するために、卵を光に透かす方法があります。この方法は「検卵」とも呼ばれ、卵を強い光源にかざすことで内部の状態を確認します。新鮮な卵では、卵黄がはっきりと見え、気室は小さいです。古くなった卵では、卵白が水っぽくなり、卵黄が移動しやすくなり、気室が大きくなります。

鮮度の確認ポイント

卵を光に透かして確認する際のポイントは以下の通りです:

  • 卵黄の位置: 新鮮な卵では卵黄が中央に位置し、あまり動きません。古くなった卵では卵黄が移動しやすくなります。
  • 卵白の状態: 新鮮な卵白は濃厚でしっかりしていますが、古くなると薄くなり、光が透過しやすくなります。
  • 気室の大きさ: 新鮮な卵では気室が小さいですが、時間が経つと気室が大きくなります。

なぜ光に透かすと鮮度が分かるのか

卵を光に透かすことで、卵白の濃度や卵黄の位置、気室の大きさなどが視覚的に確認できます。これらの要素は時間とともに変化するため、光に透かす方法は卵の鮮度を判断するための簡単で効果的な方法となります。

まとめ

卵を光に透かすことで鮮度を確認する方法は、卵の内部構造の変化を視覚的に判断するための便利な手段です。卵黄の位置、卵白の状態、気室の大きさをチェックすることで、卵の新鮮さを見極めることができます。ぜひ、この方法を使って自宅で卵の鮮度を確認してみてください。