雑学next.com

雑学を学ぶなら雑学next.com

 元祖「ずきゅーん!ぐぐの前後左右ジェットコースター」の雑学特化型サイトが爆誕!目指せ博識!    

    ホーム

「ショートケーキの「ショート」の意味はサクサク」雑学

「ショート」の語源

「ショート」という言葉は、英語の「shortening(ショートニング)」に由来しています。ショートニングとは、バターやマーガリンなどの脂肪分を指し、これを生地に加えることで、生地がサクサクとした軽い食感になります。ショートケーキのスポンジ部分は、バターなどの脂肪分を使用しており、これが「ショート」の由来とされています。

テクスチャの特徴

「ショートケーキ」の「ショート」は、生地のテクスチャ(質感)が軽く、サクサクしていることを意味します。バターやショートニングが小麦粉のグルテンをコーティングし、グルテンの形成を抑えることで、サクサクとした食感が生まれます。この特徴が「ショート」という言葉で表現されています。

歴史的背景

英語圏では、古くから「ショート」という言葉が「サクサクした」や「ほろほろした」という意味で使われてきました。ショートケーキは、この特徴を持つケーキの一種として名前が付けられたのです。

ショートケーキの種類

ショートケーキといえば、日本ではイチゴの乗ったスポンジケーキが一般的ですが、英語圏ではビスケット生地を使ったものもショートケーキと呼ばれます。どちらも「ショート」の意味を持つ、軽くてサクサクした食感が特徴です。

まとめ

ショートケーキの「ショート」は、生地に使われるショートニング(脂肪分)から来ており、その結果生まれる軽くてサクサクした食感を意味しています。この特徴がショートケーキを特別なものにしており、名前の由来ともなっています。